法政大学での授業

今回は、法政大学で体育会系学生向けに授業を行いました。木村の母校でもある法政大学。校舎も以前に比べ改装され綺麗になっていたようです。
授業が始まり、最初は緊張していた生徒さん達も、アイスブレイクの1ラウンド自己紹介で、空気が柔らかくなりました。授業中も、リラックスし、集中して聞いている生徒さんが多く見られました。

授業の中で、ボクシングという競技の話や、自信の体験から学んだことをお話ししました。チャンピオンと強い選手の違い、就職できる人とできない人の違いについて、今の社会についてなど、商社マンボクサーならではの視点でお話ししました。
最後に後輩たちに、「多くのことを学んでほしい」と伝えました。学生のうちから、本を読んだり、積極的に交流したりする事はとても大切です。学生の内にしかできないことはたくさんあります。興味を持ったことや、面白そうなこと、様々なことにチャレンジしてほしいですね!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。