浜松修学舎高校での講演

マネージャー 宇都宮

今回は、静岡県浜松修学舎高校での講演を行いました。

テーマは「二刀流で夢を叶える」全校生徒700名を対象に、進路講演会として講演しました。

途中、ミット打ちや「夢の発表」のワークなどを挟みながら、生徒達が楽しめるような内容で行いました。

高校生にとって、5月という時期は、進路をじっくり考えることのできる良い時期だと思います。

1年生にとっては「入学したばかりの高校で何を学ぶか」「将来の為に何を学ぶべきか」

2年生にとっては「進学か、就職か」「どの大学に進学すべきか」

そして、3年生にとっては「大学受験の対策」「就職活動」

各学年によって、様々な想いで聞いていた事でしょう。

進路で悩む生徒は多いと思います。

また、高校生のうちから、やりたい事を諦めて、違う道を選択する生徒も少なくないと思います。

木村の講演では、そんな生徒たちに「二刀流」という新しい選択肢があることを教えています。

木村の周りにも、「警察官とボクサー」「主婦とボクサー」など、二刀流で活躍している選手がたくさんいます。

もう一人の自分をもつ、好きな事をする、そんな生き方もできるのだと木村は話しています。

もちろん、2つのことを同時にする、という事は簡単なことではありません。

だからこそ、実践してきた経験から得た成功法則「成功から逆算して考える」「応援される人間になる」「プラス思考でい続ける」を生徒たちに伝えています。

高校生たちにとって、今回の講演が今後の進路選択の一助となればいいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。