サンスター技研での講演

マネージャー 宇都宮

今回は、サンスター技研・関東ペンギン会での講演を行いました。

テーマは「二刀流で世界チャンピオン〜商社マンボクサー木村悠〜」

講演では、ボクシングのお話や、ミット打ち、観戦が楽しくなるコツなど、フランクな話題から、

時間の有効活用、プラス思考など、ビジネスに役立つ話をしました。

木村の講演では、「きく人にとって、楽しい講演」を心がけています。

どんなに内容のいい講演をしても、伝え方が下手だと、伝わりません。

だからこそ、「受講者が楽しんで聞けるような講演」ができるよう、日々努めています。

講演前に行う「アイスブレイク」は、緊張をほぐすのに効果があります。

講演前というと、会場内に独特の緊張感があります。

私も、木村に同行して講演に行くことが多いですが、

初めから、柔らかい雰囲気の会場というのは、ほとんどありません。

緊張感の中での講演は、講師にとっても、聞く人にとっても辛いものです。

なので、「1R自己紹介」などのアイスブレイクを行い、雰囲気を柔らかくします。

私はいつも後ろで見ていますが、これを行った前後で、空気が全然違くなるのを感じます。


今回は、ボクシングの話題を交えながら、意識改革についてお話しました。

受講者の方からも、大変ご好評をいただき、無事終えることができました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。