「産業交流展2019」でのパネルディスカッション

今回は東京ビックサイトで行われた「産業交流展2019」で、ディスカッションを行いました。

去年行われた「産業交流展2018」は、のべ来場者数4万人もいたそうです。驚きですね!

1部では「人手不足から勝ち残る、中小企業による働き方改革について」
木村はモデレーターとして3名の経営者の方とのデスカッションを行いました。

自社の紹介から、取り組み、人材定着のために行なっていること。それぞれの会社の工夫が垣間見えました。

ディスカッションの議題にもなった「働き方改革」

大企業に比べて、中小企業は取り組めているところが少ないと言われています。

この問題に対し、パネラーの経営者の方々は「中小企業こそ実践していくべき」「中小企業は社員が少ない分、1人1人に早いスピードで普及することができる」と話していました。

2部では「生産性向上革命による稼ぐ力の強化と、事業承継について」ディスカッションをしました。

2015年までの15年間で約100万社もの中小企業が減少し、2025年までに約127万社の中小企業後継者不足によって廃業する可能性があると言われています。

ディスカッションの中では、今注目を集めている「事業承継」についてのお話も対談形式で伺いました。

モデレーターとして参加させていただきましたが、パネラーの方々の話を聞くことができて、とても勉強になりました!

イベント出演、講演・研修のご相談は、お気軽にお問い合わせください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。