トリプル世界戦のあとで…拳四朗、ペドロゲバラのライトフライ級タイトルマッチ

いや〜まだまだトリプル世界戦の余韻が残ってますね〜

帝拳ジムはお祝いの花だらけで花畑状態・・・
どの試合も本当に興味深い試合でした!

もちろん同じジムの村田諒太の試合は最幸でしたよ!

し、しかし
私はWBCライトフライ級タイトルマッチも気になっていました!

私がタイトルを獲ったペドロゲバラを相手に拳四朗の初防衛戦!

どんな展開になるのかとても興味深かったです。

正直、拳四朗選手に取材に行く前は、
ゲバラ相手だと相当苦戦するんではないかとの思いがありました。

しかし、スパーリングを見させてもらい取材で話しを聞き
拳四朗の勝利を確信しました。

確かに前半は相手の攻勢でポイントを取られましたが、
中盤から後半にかけての怒涛の反撃で相手からペースを引き寄せました!

インタビューの時に語っていた、
前半は足を使って中盤から後半にボディで弱らせる!

その戦法が見事にハマりましたね!

後半になってもスタミナが落ちず、
けろっとしていたので恐ろしい…

まだまだ成長の幅があります!

パンチが強い相手に互角以上に打ち合いでの強さを見せて、
チャンピオンとして堂々とした戦いぶりでした。

ライトフライ級は3人の日本人王者(WBA田口良一、WBO田中恒星)がいますが、
 他の選手にも引けを取らない実力をアピールできたのではないでしょうか!

ますますライトフライ級戦線が熱くなりそうで、統一戦線も楽しみです。

試合後に偶然ゲバラと再会!

キムラーー! ヤエガシーー!!
と声をかけてくれて記念撮影!

リングを離れればボクサーも同志となります。

試合という過酷なリングの上での体験を共有した相手は
友情以上の深い関係になります。

彼の戦いにリスペクトです!

村田や若いチャンピオンの活躍で
ボクシングをどんどん盛り上げて欲しいですね!

【お知らせ】
 11/19(日)ボクシング教室開催!!
 http://y-kimura.com/press/kidsboxing/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。